人間ドックを受けて、自分は健康かどうか確認しよう

検査をする前に必要なことを把握しよう

どのようなことが

さまざまな不調があらわれます

ひとくくりに更年期といっても、人それぞれ症状はさまざまです。倦怠感や肩こり、頭痛、冷え、不眠、無気力、イライラ、ほてり、気分の落ち込みなど、心身ともに不快な症状に悩まれる人も少なくないです。 更年期にあらわれる症状として多いのが、ホットフラッシュです。首から顔にかけてのほてりや発汗、寝汗などが起こります。 更年期には、上半身に熱がこもりやすい傾向にあります。熱を下方へ下げる効果に期待できる菊花茶やウーロン茶、緑茶などを日常的に飲むとよいでしょう。また、ホットフラッシュの症状がひどい人は、手のひらや足の裏、顔、首筋のほてりや喉の渇きがあるので、冬瓜やトマト、きゅうり、みかんなどを摂るようにしましょう。入浴では、お風呂の温度は低めにし、腰から下をじっくりと温めるのがポイントです。

サプリメントを利用しましょう

女性ホルモンのひとつのエストロゲンが減少することで、さまざまな更年期症状があらわれます。40〜50代には急激に低下するため、脳がパニックを起こし、体温調節がうまくできなくなったり、精神的な不安が起きたり、自律神経失調症に似た症状がみられます。 更年期の症状を改善するためには、栄養バランスのよい食事や睡眠、運動・ヨガ、ストレスを溜め込まないことなど、生活習慣を整えることが大切です。また、時期がくれば症状はおさまるだろうと我慢せずに、サプリメントを利用することをおすすめします。更年期の症状を緩和するために、自分に合ったものを選びましょう。 ネットランキングやクチコミなどを参考に、通販を利用するとよいでしょう。