人間ドックを受けて、自分は健康かどうか確認しよう

検査をする前に必要なことを把握しよう

どういう病気なのか

鼻炎に関する変遷を紐解く

 現代の日本においては、医学も進歩していますが、まだ治療で完治するまでには至っていない病気なども存在しています。特に、鼻炎などの症状については、必ずしもアレルギー体質だけが原因ではありませんので、花粉症などもいつ自分に発症してしまうかはわかりません。  鼻炎の症状は、例えば、鼻が詰まってしまう人は、以前から存在していたと考えられます。生まれつき鼻の中央部分の骨が曲がっている場合などもありますので、鼻づまりなどの症状を発症していた人がいたと考えられます。しかし、現在見られる様なアレルギー性鼻炎や花粉症などの場合には、近代に入ってから見られる様になった症状でもあります。日本での本格的な研究が始まったのは、昭和40年頃の事だとされています。現在では、症状がある場合には、耳鼻科を受診したり、自分でできる方法としては、有効なサプリメントを摂取するなどの方法を実施している人も多くなっています。

今後の動向について予測する

 鼻炎については、特にアレルギーが関係している場合には、現代病とも称されているほどですので、人それぞれに様々な要因で発症するといわれています。ストレスでも発症する事があるともいわれているため、ストレス社会においては、今後もこの様なアレルギー性鼻炎や花粉症を発症する人が増える可能性も大きくあります。  一方で、症状を発症している人が多い事から、花粉症対策として現在では、花粉を出さない杉などを植林する運動なども始まっています。耳鼻科を受診して注射を打ってもらったり、お薬を処方してもらうなども鼻炎対策ではありますが、効果を期待できるサプリメントなどを利用する人も増えています。今後も様々な角度から鼻炎対策が研究・開発される中で、有効な薬やサプリメントなどの種類も更に増えていくと考えられます。